就活で生きているときに自分の葬式について考える

家一軒丸ごとも可能

作業者

芦屋なら遺品整理士による専門的な遺品整理が受けられるので、大量の遺品があってもスムーズな仕訳が行えるでしょう。不用品と貴重品をしっかりと分けてくれるため、安心して遺品を任せることが出来ます。

大切な方を悼む儀式

棺桶

通夜や告別式、そして火葬といった葬儀に関わる大まかな手順は、葬儀会社に依頼することで全てを任せることが出来ます。葬儀のプロである葬儀会社では、年中無休で対応してくれるため、急な逝去でも慌てずに対応することが可能です。

現代人の祈りのスペース

お年寄り

現代仏壇はスペースを取らず、モダンなインテリアにもマッチするデザインで、仏間がなくても違和感なく設置できるのが特徴です。仏壇の本尊は宗派によって異なりますが、本尊を置かないモダン仏具を選ぶこともできます。

終活のあり方

数珠とお経

最期のときを決める

終活を考えている人が増えてきていえます。年を重ねた人も、若い人も自分の最期をきちんと決める人が増えています。その中でも、葬式についてあれこれと考える人が増えているようです。終活は、葬式に限ってのことではありません。財産のこと、残された家族のこと、自分がいなくなった後のあれこれをあらかじめ決めることですが、道筋を考えることによって、今から最期を迎えるまで充実した日々を送ることが出来るのです。特に、葬式については残された家族にとって、重大な事柄となりますが、自分の葬式をこうしてほしいと生前からしたためておくと、家族にとっても準備が行いやすくなります。葬式のあり方は、その家ごとに宗教などで決まりごとがありますが、それに縛られず自分流を貫く人も多くなっています。

最期のときを家族で過ごす

葬式の形式として多く見られるのは、仏教式です。宗派も多く分かれていますが、僧侶を呼び通夜法要、告別式と2日間をかけて行われています。費用も戒名や僧侶のお布施を含めると200万円近い出費となります。そんな多額の費用を残された家族に負担させたくないと考える人も多くいます。年齢を重ねて人であれば、世間との付き合いも狭くなり家族だけで最期の時を過ごしたいと家族葬を希望する人も増えています。家族葬のスタイルとしては、家族やごく近しい友人を招き最期のお別れの時を過ごすというものです。参列する人も少なく、かかる費用も抑えることが出来ます。また、葬式という枠ではなくお別れ会とすることで、戒名や僧侶のお布施を省略することも出来ます。最期のときは、自分で決める人が増えています。